【スケートパーク 神奈川】本牧市民公園スケートパーク利用再開のお知らせ。

【スケートパーク 神奈川】本牧市民公園スケートパーク利用再開のお知らせ。

thumbnail

 

4月に緊急事態宣言が発令され、多くの施設の利用が制限されました。

 

商業施設や飲食店。

様々な業界に大きな影響を及ぼしました。

 

スケートボード業界も同じです。

多くのスケートショップは休業や、時間短縮などの影響の制限をしつつの営業。

時間ができた人々が新しくスケボーに挑戦し、スケボーをネットで探すも売り切れが相次ぎました。

アメリカなどの工場やメーカーからの物流が遅れ、なかなか市場にコンプリートデッキをはじめとするスケートボード用品が出回らなくなったためです。

 

スケートパークも一時閉鎖が相次ぐ状況。

滑る場所がさらになくなったスケーターたちからの苦悩の声を多く耳にしました。

 

しかし、ようやく緊急事態宣言も解除され、皆さんの生活も動き出しているように感じます。

 

そんな中、横浜にある本牧市民・臨海公園が、

スケートボード広場の利用を再開(6月1日より)することを公式ホームページにて発表しました。

 

 

緊急事態宣言解除を受けまして、閉鎖しておりました下記の施設を6月1日(月)より再開いたします。

【6月1日(月)より再開施設】

・有料施設(テニスコート・運動広場)

・レストハウス(※カフェは除く)

・スケートボードひろば

・SLひろば

・複合遊具

※観覧席・更衣室・コインシャワー・コインロッカーは新型コロナウイルス感染拡大防止のため

6月1日より当面利用不可となります。

何卒、ご理解いただきますようお願いいたします。

 

引用:本牧市民・臨海公園/お知らせ・イベント情報

 

 

スケートボード広場の利用は再開されますが、シャワーなどの設備は当面利用不可のようなのでご注意ください。

 

ということですね。

 

スケートパーク再開は、我々、スケーターにとって非常に嬉しいものであります。

 

他のスケートパークも随時、営業・利用を再開していくと思いますが、

今回は、本牧市民・臨海公園の情報が筆者に早く届きましたので、お知らせさせていただきました。

 

しかし、今後の状況もまだわからないことが多い為、スケートパークにてもできるだけ3密を避けるようにしましょう。

 

自分の体調や、他の人の状況など、以前より注意してください。

 

みんなの健康第一でスケボーを楽しむことが最優先です。

早く人々の生活が元に戻るよう願っております。

 

UTB Skateboard magazineでは今後もスケボーに関する情報を発信していくのでご意見ご感想があれば、お問い合わせフォームよりお願いします。

楽しいスケートライフを送っていきましょう!!

Newsカテゴリの最新記事