【解説】初心者向け!オーリーを練習している人はこれを読むべし。

【解説】初心者向け!オーリーを練習している人はこれを読むべし。

こんにちは。

みなさん楽しいスケートライフを送っていますでしょうか?

 

スケボーを始めると、いろいろな動画を見始めてイメージを膨らましている人も多いことかと思います。

 

いろんなスケーターの動画を見ていると、飛んだり、回ったり、スケボーを足の下で意味わからないくらい回している動画を見つけますよね。

 

そしていつかは自分もこのくらい滑れたらいいなあなんてことを想像しながら、またスケボーに乗りたくなってきます。笑

 

いろんな技を習得して、今よりももっとスケボーを楽しめるようになりたい!

と考えているそこのあなたはきっと、何を練習したらいいか知っていることでしょう。

 

その技の名前はというと、

 

オーリー

 

です。

 

スケボーを練習していく中で基本的な技でありながら、奥が非常に深い技オーリー。

 

基本的な技なのにできるまでが本当に時間がかかります。

  • スケボーを練習し始めて、みんなが挫折するポイントでもっとも多いのもオーリー
  • 一番苦戦するのもオーリー

 

「オーリーができなくて、スケボーを諦めてしまった。」

なんていう人も非常に多いです。

 

今回は、オーリーをどういったステップで練習していけばいいのか。

オーリーの練習方法を解説していこうと思います。

 

この記事を読むことで、オーリーの練習方法をしっかりと理解することができるので、実際に練習するときに意識するポイントがわかり、上達が早くなります。

 


 

初心者向け!オーリーの練習方法を徹底解説!

venice skatepark

 

まずはオーリーの原理をしっかり理解しましょう。

 

オーリーとはどのようなものか

 

オーリーをイメージをするために、こちらの動画を見てみてください。

 

動作の順序はこのような流れになります。

  1. 後ろの足で板を地面に叩きつけ、その跳ね返りで板が持ち上がる。
  2. 叩きつけたと同時に自分もジャンプ。
  3. 持ち上がった板の前方を前足で擦り上げて、板の後方を引き上げる。
  4. 4輪で着地

 

簡単に説明すると、板を地面に叩きつけると跳ね返るので、その跳ね返りでジャンプをしています。

 

この「叩きつける」という点をまずは意識してください。

 

では練習方法を解説していきます。


オーリーの練習方法

 

  1. 何か(フェンス・棒)をつかんで叩きつけの練習
  2. フェンスなし、止まった状態で叩きつけの練習
  3. フェンスありで前足の擦り上げ練習
  4. 少し動きながらオーリーをしてみる

 

練習はこのような流れで進めていきます。

 

詳しく説明します。

 

①何か(フェンス・棒)をつかんで叩きつけの練習

 

まずは支えになるものを掴みながら練習を始めましょう。

理由は、初心者の人はまず板の上でしゃがむという感覚をつかんでほしいからです。

自分の重心を板の中心に置いた状態でしゃがんでみる。これが意外と難しいです。

なのでまずは何かを掴みながら板の上でしっかりしゃがめるようになりましょう。

 

②フェンスなし、止まった状態で叩きつけの練習

次はしゃがんだ状態から、立ち上がる時に後ろ足に力を入れ、板を地面に叩きつけるようにジャンプをしてみましょう。

この時最初は、ジャンプをした後、板の上に乗れなくても大丈夫です。

とにかく板を地面に叩きつけるという動作を体に染み込ませます。

だんだんできるようなったら叩きつけた後に板に乗れるようにしましょう。

 

何かを掴みながら板の上でしゃがみ、板を叩きつける。

と言う動作が体に染み付いてきたな、と感じたタイミングで次は支えなし、止まった状態で同じよう板を地面に叩きつけてみます。

 

ここがポイント

この時に意識して欲しいことは、自分の重心です。

常に板の中心に置くように意識してください。

 

できてないときは多分転びます。ひっくり返ります。

慣れるためには転ぶ経験も確かに大切なのですが、怪我をしてしまったら元も子もないので、重心を常に意識しながら、何の支えもない状態で、練習してみてください。

 

ほんの1cmでも止まった状態から支えなしで板が上がるようになった!

という人は、次のステップです。

 

③フェンスありで前足の擦り上げ練習

ここまで出来ている今の状態だと前足は一切使えていないと思います。

でもそれでいいんです。

 

次のステップは前足を使う練習です。

 

最初のようにまた何かを掴みながら、次は前足を意識する練習をしましょう。

①叩きつけた後、板の前方が上がります。

②上がったデッキの前方を、平行に戻すように前足をずらします。

この動作をひたすら繰り返し練習します。

 

掴みながら、叩いて前足をずらす。

 

スムーズにできるようになるまで練習します。

叩いた時の高さは1cm上がっていれば十分です。

自分の重心を意識しながら、

 

後ろ足で叩く→前足移動

 

この動作を体に染み込ませましょう。

高さは気にしないで、この動きをしている時でも重心が真ん中におけるようになったら次のステップです。

今度は止まった状態でいいので、何も掴まないで、同じ動作を練習していきます。

 

④少し動きながらオーリーをしてみる

少し慣れてきたら、今度は動きながら同じように

板を後ろ足で叩き、前足を少しだけずらす練習をしていきます。

 

この時にも意識して欲しいことは自分の重心です。

少し進みながらできるようになった!

という人はもうあとはひたすら繰り返していくだけです。

 

低くていいので何千回と飛びまくりましょう!

ここからはもう飛びまくって、飛びまくる。慣れるしかないです。

 

前足を動かすタイミングと、重心を意識しながらひたすら飛びまくります。

 

慣れてくればだんだんと高さも上がってきてオーリーするのが楽しくなってきます。

そこまでくれば、他の技にも挑戦することができるので、スケボーの楽しみ方の幅がぐっと広がるでしょう。


まとめ

 

とにかく、オーリーをほんのすこしの高さでもいいのでできるようになるまでが本当に大変で、みんなが挫折してしまうポイントです。

 

スケボーを挫折しないためにも、これを読んだあなたには何とかオーリーをすこしでもできるようになって欲しいです。

 

オーリーをできるまでの練習方法をもう一度復習をすると

  1. 何か(フェンス・棒)をつかんで叩きつけの練習
  2. フェンスなし、止まった状態で叩きつけの練習
  3. フェンスありで前足の擦り上げ練習
  4. 少し動きながらオーリーをしてみる

この流れです。

 

オーリーさえできれば本当に世界が変わります!

めちゃくちゃ飛んでるのにできなかったり、諦めたくなる瞬間が何回も訪れますが、めげずに頑張ってください!!

 

少しでも早く上達させたい!

忙しくて、練習に時間が取れない!!

 

という悩みを抱えている人はこちらの記事も御覧ください。

 

【オーリー 練習 器具】オーリーを最速で上達させるにはこれを読むべし。

 

個別に質問等あればお答えしますので、質問待っています。

 

UTB Skateboard magazine はあなたのオーリー練習を応援します!!

 

Skate Hacksカテゴリの最新記事