【シンガポール スケボー】シンガポールのスケートパーク。Somerset skatepark に行ってみた。

【シンガポール スケボー】シンガポールのスケートパーク。Somerset skatepark に行ってみた。

 

こんにちは。

 

みなさん楽しいスケートライフを送っていますでしょうか?

 

今回は、筆者が実際に訪れたスケートパークを紹介する「パーク紹介編」。

 

筆者は世界30か国、80都市以上を旅し、世界中の様々なスケートシーンやスケートスポット・スケートパークに実際に足を運んできました。

だから、これからその旅先に行く際、

 

  • スケートシーンを感じてみたい。
  • ちょっと海外のスケートパークを見てみたい。

という人向けに実際に行った体験をもとに、世界中のスケートパークを紹介していきたいと思い書き残していくのがこのシリーズ。(国内外問わず紹介していく)


 

今回紹介するのは、日本人からも非常に人気の旅行先、シンガポールにある

 

Somerset skatepark

 

というスケートパーク。

 

 

それでは行きましょう。


 

【シンガポール スケボー】シンガポールのスケートパーク。Somerset skatepark に行ってみた。

 

singapore skatepark

 

日本から直行便で5,6時間ほどの距離にあるシンガポール。

アジアのエキゾチックな雰囲気がありつつも、インフラがかなり整っているため、日本人からもかなり人気の観光地です。

マリーナベイサンズやマーライオンがシンボルですね。

 

国民のほとんどが英語を喋るため、日本人も旅行がしやすいことも人気のひとつ。

 

シングリッシュと言われるほどに訛りはありますが、日本人には聞き取りやすいです。

 

そんなシンガポールでもスケートボードを始めとするエクストリームスポーツが人気になりつつあります。

 

そのシンガポールで一番アクセスしやすいのが、この Somerset Skatepark です。

 

場所はこちら。

 

1 Somerset Rd, Singapore 238162

 

シンガポールの地下鉄、MRTの Somerset 駅から徒歩1分ほど。

 

駅の目の前にあります。

 

Somerset 駅は、観光地として人気のオーチャードの隣なので、オーチャードを散歩しがてら来ることも可能です。

 


パークの構成

 

  • Singapore Skatepark

 

レベル的には初心者から中級者向けのパークです。

 

  • レッジ
  • レール
  • ランプ
  • ステア
  • アール
  • バンク to バンク

 

などの基本的なストリートセクションは揃っています。

全てのセクションは、高さがすごくあるわけではないので、初心者が練習するのにもピッタリなサイズ感です。

 

スクーターが子供たちの間で流行っているらしく、スクーターに乗る多くの子供たちを見かけました。

 

広さもある程度あるので、全くの初心者も練習できます。

 

駅前ということもあり、治安も割と良く、気持ち良くスケボーを楽しめます。

 

 

上級者でこちらのパークでは物足りないと感じる方は、 Xtream Skatepark に行ってみてもいいかもしれません。

 

ただこちらのパークは、中心地からは少し離れているのでご注意ください。

 

 


 

まとめ

 

日本からの直行便も多く、訪れやすい国、シンガポール。

 

シンガポールはアジアの中でも、道は舗装されていますし、スケボーしやすい環境であることは間違いないです。

 

みなさんぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

 

 

UTB Skateboard magazineでは今後もスケボーに関する情報を発信していくのでご意見ご感想があれば、お問い合わせフォームよりお願いします。

 

楽しいスケートライフを送っていきましょう!!

Skateparkカテゴリの最新記事