【人気】話題のCBDグミとは?違法性やメリットを徹底解説

【人気】話題のCBDグミとは?違法性やメリットを徹底解説

現在CBDという成分が欧米を中心として、世界中で大きな注目を集めていることをご存知でしょうか。

 

CBDは美容や健康にとって良い効果をもたらすと言われているため、日本国内においても女性を中心に、徐々に関心が高まりつつあります。

 

CBDはサプリメントとしても扱われていますが、エディブル(健康に効果があるとされる成分を、食品や飲料品などに混ぜて摂取しやすくしたもののこと)として作られたものが特に人気を博していて、今回紹介するCBDグミもその中のひとつとなります。

 

それではそのCBDグミについて、どのような効果が期待されているのかを中心に、詳しく見ていきましょう!

 

CBDとは?

CBDとは「カンナビジオール」の略称であり、大麻草から抽出される「カンナビノイド」の一種となります。

 

CBDは様々な効果を持つとされていて、大きな注目を集めていますが、「大麻」という名前を聞いただけで気持ち的に抵抗がある人も、少なくありませんよね。

 

特に日本では大麻というと、テレビなどで悪いニュースとセットでお目にかかる機会が多いので、その反応は当然だとも言えるでしょう。

 

しかし、CBDは厚生労働省から認可を受けている違法性の無いものであり、健康面でも大きな効果が期待されているものです。

 

ここではそんなCBDの成分が配合されているグミがどのようなものなのか、多くの人が持つ疑問から健康面で期待できる効果についてまで、詳しく解説していきたいと思います。

 

CBDグミは、日本では違法?

まず初めに、CBDグミは前述したとおり違法ではありません。

 

なぜかと言うと、日本では「大麻草の葉や花穂の部分」を使用した製品の所持や使用が違法なのであって、「大麻草の茎や種子の部分」を使用しているCBDについては、違法には当たらないからです。

 

違法である大麻草の葉や花穂の部分」にはTHC(テトラヒドロカンナビノール)と呼ばれるカンナビノイドが含まれていて、これが俗に言われている精神的に「ハイな状態」に人をさせ、錯乱作用などを引き起こす効果があります。

 

CBDはTHCと同じカンナビノイドではあるものの、THCのような作用の無いまったくの別物であり、先述した厚生労働省だけでなく、世界保健機関であるWHOからも「CBDは世界的に規制対象とすべきではない」とお墨付きを得ている、まっとうなものです。

 

CBDをグミで摂取するメリットとは?

CBDを配合している製品はグミのほかにも色々あり、化粧品やオイルサプリメントのような定番のものはもちろん、チョコレートやキャンディー、キャラメルといった食品から、電子タバコやコーヒーといった嗜好品に至るまで、実に様々なものが商品化され、実際に販売されています。

 

そのように様々な種類のCBD製品がある中から、なぜあえてグミをおすすめするのかというと、グミはCBDを摂取するのに非常に「手軽」であるからです。

 

CBDは大麻草から抽出した成分なので、なんとなく電子タバコやコーヒーのような嗜好品と結びつけて考えてしまう人も多いかもしれませんね。

 

しかし電子と言っても、タバコを吸うこと自体に抵抗がある人は多いですし、喫煙可能な場所でないと摂取できなかったり、勘違いされて社会的なイメージを落としてしまう、という側面もあります。

 

また化粧品やオイルの場合、製品ごとに配合量がそれぞれ異なっているので、自分にとって適切な摂取量を把握しにくいと言ったデメリットがあるほか、そもそもオイルの味が苦手という人も多くいるようです。

 

その点CBDグミは場所を選ばず摂取でき、食べる際の適切な量も把握しやすく、ミントやシナモン、柑橘系といった様々な味が出ていて好きな味を選べるので、多くの人におすすめすることができるという訳です。

 

CBDグミの期待できる効果は?

CBDは医薬品では無いためその効果を明示することはできませんが、以下のような効果が期待されています。

(あくまでも期待できる効果であり、誰にでも必ず効果が表れるという訳ではありません)

 

  • リラックス、ストレス緩和効果が期待できる
  • 鎮痛効果が期待できる
  • 自律神経を整える効果が期待できる

それではそれぞれの効果について、詳しく見ていきましょう。

 

①リラックス、ストレス緩和効果が期待できる

脳内の神経物質である「セロトニン」は通称「幸せホルモン」とも呼ばれていて、脳内で十分に分泌されることで頭がスッキリし前向きな気持ちになることができ、疲労や不安感、ストレスが軽減されると言われています。

 

CBDは体内の受容体に働きをかけ、セロトニンが取り込み・分解されることを防いでくれるだけでなく、セロトニンの利用率を倍加させる働きがあることが確認されています。

 

その結果、不安やストレスが軽減されリラックスでき、睡眠の質の改善が期待できるとされています。睡眠の質の改善については特に実感しやすく、気持ちよく寝過ぎてしまったという人も多いようです。

 

また、ストレスが原因で引きおこされる高血圧や、それにまつわる病気のリスクも下げることができるのではないか、とも考えられています。

 

②鎮痛効果が期待できる

大麻が医薬品として認められている国や地域では、大麻は実際に鎮痛剤として処方されていたりもします。

CBDにも鎮痛効果が期待でき、関節痛や腰痛を初めとする慢性痛や筋肉痛、脊髄損傷などの痛みに効果が期待できると言われています。

 

従来の鎮痛剤には胃炎や薬物依存といった副作用がありますが、CBDは植物性であるため、少ないデメリットで効果を得ることができるのではないかと期待されています。

 

そしてそれだけではなく、CBDには強力な抗炎症作用があり、これよって炎症やかゆみを緩和し、ニキビのような肌のトラブルに対しても大きな効果があるのではないか、とも期待されています。

 

③自律神経を整える効果が期待できる

人間の体内にはECS(エンドカンナビノイド・システム)という器官が備わっており、ECSは自律神経のバランスを整え、恒常性を維持する役割を持っています。

 

カンナビノイドが不足すると心や身体のバランスが不安定になってしまうのですが、カンナビノイドの体内での生成量には個人差があり、多くの人が不足しがちであるというデータもあります。

 

CBDは植物性カンナビノイドなので、体内に入りこんだ際にECSに働きかけ、ECSを活性化させることができると言われています。

 

自律神経が整うと「食べる・眠る・起きる」といった基本的なバランスの維持が可能となり、安定した日常生活を送ることができるようになります。

 

CBDグミの適切な食べ方とは?

普通のグミを食べる際、ほとんどの人がグミを口に入れて噛んだら、すぐに飲み込んでしまうかと思います。

 

しかしCBDグミにとって、それは適切な食べ方ではありません。普通のグミのような食べ方をしていると期待されている効果を得ることができない可能性があるので、ぜひ以下のことを覚えておきましょう。

 

①口の中でしばらく舐めながら食べる

CBDグミは口の中に含み、しばらく舌下で転がすように舐めることで多くの効果を期待することができると言われています。

 

これはなぜかと言うと、舌下には毛細血管が集中していて、転がすように舐めることでCBDが毛細血管に入り込み、血中に運ばれていくからです。

 

すぐに飲み込んだ場合は食道や胃を通る過程があるため、効果が実感できるのに2時間ほどの時間がかかってしまいますが、口の中で舐めて毛細血管を通すことで、数十分〜1時間といった短い時間で効果が発揮されると言われています。

 

②自分の身体にとって適切な量を知る

CBDを配合している製品は、それぞれ含有している量が異なっています。

 

そして当然ですが、CBDが10mg配合されているものよりも、20mg、30mgとより多くの量が配合されている製品の方が、単純にその効果は感じやすくなっています。

 

人によって適正な摂取量はそれぞれ異なっているので、現在利用しているものではいまいち効果が感じられないという人は、より含有量の多いものを試してみると良いかもしれません。

 

ただし過剰摂取は禁物です。グミという手軽さからつい食べ過ぎてしまう人もいるようですが、商品に記載されている摂取目安料は必ず守るようにしましょう。

 

CBDは植物由来の成分であるためデメリットが少ないという利点があるのですが、摂りすぎると眠くなったり集中力が途切れてしまいやすくなったり、アレルギー反応が出てしまう場合もあります。

 

そうした事態に陥らないためにも、まずは少なめの量から試してみて徐々に増やしていき、自分にとって適切な量を見極めていくと良いでしょう。

 

CBDグミを選ぶ際に注意すること

現在CBDグミには非常に多くの種類があり、どれを選べば良いか分からないかも知れませんね。

 

商品を選ぶ際には、以下の3つの点で注意する必要があります。

  • 悪質な商品の見分け方を知っておく
  • CBD以外の成分も見てみる
  • THCが含まれているものは違法

それではそれぞれの注意点について、詳しくみていきましょう。

 

【注意点①】悪質な商品の見分け方を知っておく

多くの流行り物と同じように、CBDを扱っている製品も玉石混合というか多数の悪質商品が入り混じっていて、その見極めが必要となります。

 

CBDは医薬品ではないためその効果を断言することはできないわけですが、それを隠れ蓑として、しっかりとした成分検査をしていない商品というものも少なからずあるようです。

 

商品選びの際にはインターネットなどでしっかりとした評判のあるものかどうかを確認し、第三者機関から安全が認められているものを買うようにすると良いでしょう。

 

【注意点②】THCが含まれているものは違法

悪質な商品の中でも、もっとも危険なのはTHCが配合されている商品です。

 

前述したように、「大麻草の葉や花穂の部分」を使用しているTHCが配合されている商品の日本国内での所持や使用は、違法にあたります。

 

しかし海外で生産されているものは日本のように検査基準が厳密ではなく、THCが配合されている海外産の製品が日本国内においても出回ってしまっていることが稀にあるようです。

 

海外ではCBDの原料であるヘンプに含まれるTHC量が0.3%以下であれば基準をクリアしているとみなされ、商品として市場に出すことができますが、日本ではほんの少しでもTHCが混ざっていれば違法となり、本来は取り扱いをおこなうことができません。

 

たとえそのことを知らないで購入し、意図せずTHCを摂取することになってしまったのだとしても、交通事故や健康診断などの際に検査をおこない、結果THCが検出されてしまったら、非常に厄介な立場になってしまうことは想像に難くありません。

 

そのような事態を避けるためにも、事前にTHCが配合されていないかどうかは必ずチェックするようにしておきましょう。

 

【注意点③】CBD以外の成分も見てみる

CBDグミにはCBD以外の成分も多数含まれていて、商品選びの際の判断基準となります。

 

グミに含まれている代表的な成分としては、各種ビタミン類をはじめ、近年注目されているオメガ脂肪酸が入っているものなどがあります。

 

中にはグルテンフリーのものや、オーガニックにシュガーレス、残留農薬のテストが済んでいるものなどもあるので、自分の好みに合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

正しくCBDグミを選んで理想のライフスタイルを送ろう

CBDグミについての説明と期待できる効果、適切な食べ方、商品の選び方について詳しくみていきました。

 

最後に重要な点をまとめてみると、

  • 場所を選ばずに手軽に摂取できるので、グミ形式のものがおすすめ
  • リラックスできストレス緩和効果が期待できるほか、鎮痛効果や自律神経を整える効果も期待することができる
  • 食べる際はすぐに飲み込まず、舌下で転がすように舐めると効果が期待しやすい
  • 自分にとっての適切な量を知る
  • 事前に悪質な商品、特にTHCが含まれていないかどうかを調べておき、CBD以外の成分についても好みのものであるかどうかをチェックしておく

ということになります。

 

正しい知識を持って適切な量を摂取すれば、今現在抱えている心や身体についての多くの悩みの手助けになるかもしれないですね。

 

現在は大手インターネットショッピングのサイトやドンキホーテなどの量販店でも販売されているので、気になる方は試してみると良いかもしれません!

 

CBDカテゴリの最新記事